医師より胃がんになるまでの説明

 

ピロリ菌の感染が確認されると、医師より説明を受けました。

感染した状態で進行すると、胃がんになる可能性があると・・

 

流れとして

ピロリ菌は、主に幼少期に感染します。

ヒロリ菌が胃を破壊する事により、萎縮性胃炎へと発展していきます。

萎縮性胃炎が、胃がん進行へのへサインとなります。

 

萎縮性胃炎の状況はというと

私の場合

・胃がムカムカする。

・吐き気

・食欲不振

 

といった症状でした。

 

萎縮性胃炎から胃がんの発生 母地ができます。

このように、感染から胃がんに進行していく事になります。

 

胃がんの一歩手前は、

萎縮性胃炎と診断された時!

 

萎縮性胃炎と診断された場合は、ピロリ菌検査をお勧めします。